オウムアムア

オウムアムア


2017年に発見された、天体観測史上初となる太陽系外からの飛来した恒星間天体。発見された当初は太陽系内の彗星や小惑星と考えられたため C/2017 U1 や A/2017 U1 という名称で呼ばれていた。

このページの先頭へ